So-net無料ブログ作成
検索選択

刹那的発泡詩 < 18 > [ひまつぶ詩]


「センス」


その人の

憧れ方が
悔しがり方が
思いつき方が

その人の

諦め方が
知りたがり方が
傷つき方が

その人の

話し方が
淋しがり方が
食いつき方が

その人の

愛し方が
懐かしがり方が
嘘のつき方が

その人の

包装紙となり
血流となり
センスとなり

その人の

人生を
色とりどりに
着色していく




**********




「負」


負けたくない
崩れ落ちたくない
ひれ伏したくない
終わりたくないのに

僕の口と目と
耳と指先と末梢神経は
負の頓服薬を求めてしまうから

自分の底に溜まった
「不」や「無」や「嫌」の
苦くて酸っぱい澱はやがて

知ろうとするアンテナ
錆びつかせ
考えようとする水路を
濁らせ
語ろうとする葉っぱを
枯らせてしまうだろう

負けたくない
傷を舐め合いたくない
卑屈に笑いたくない
終わりたくない

勝たなくていいから
負けたくない




**********




「勘違い」


言葉で君を落とせると思った
言葉で人を殺せると思った
勘違いを敷き詰めた部屋で
僕は裸足の王様だった

「臭い」と鼻で笑われた
「臭い」と眉で疎まれた
「臭」は自分が大きいと書くのだと
気がついた時は遅かった

独りよがりというガスで
限りなく肥大し続けた僕は
ドアも窓も語らいもない
勘違いを敷き詰めた部屋
そのものになった




**********




「つきあい」


嗅覚をつまんで
味覚を音痴にして
視覚を半分ふさいで
聴覚を空に飛ばせて
触覚を粟立たせて

さあ
仲良くしよっ!



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。