So-net無料ブログ作成

刹那的発泡詩 < 20 > [ひまつぶ詩]


「生かされて」


咲いては散り
繁っては落ちる
木は生きている

生まれては食み
生んでは果てる
虫は生きている

だから
ぼくらはみんな生きている
なんて
思っちゃあいけない

ぼくらはみんな生きている
ようで
生きちゃあいない

自然の環から
はみ出したぼくらは
生かされなければ
生きられない




**********




「みちる」


とまる
とる
とまる
とう
歳を
罪を

ふりかえる
ふえる
ふりかえる
ふりる
枷を
翻して

あゆむ
あむ
あゆむ
あう
詩を
人に

みちる
みる
みちる
ちる
夢を
いつかは




**********




「いつかの昨日」


何気ない言葉で
ヒトを見失ったのは
いつかの昨日

子供じみた素振りで
コトを泡立てたのは
いつかの昨日

その度に何度も
いつかの今日の
真ん中に放り出されて

その度に何度も
時間と場所の狭間を
探し回ったはずなのに

未だに見つからない
いつかの明日




**********




「窓を開けて」


楽しさを探しに
ネットの海の底や
量販店の森の中を
さまようのも良いが
案外自分のランゲルハンス島に
打ち上げられていたりもする

哀しさを捨てに
アルコールの湿地帯や
カラオケの滝壺を
さすらうのも良いが
しっかりと自分のうずまき管に
しがみついたままだからタチが悪い

窓を開けよう
風を入れよう

楽しさも哀しさも
風にたなびかせて
細胞の津々浦々まで
風にさらして

少し透き通ったところから
何かを始めよう
何もなくなったところから
何かを始めよう




**********




「馬鹿でも詩は書ける」


知識の羅列ゲームなら
すぐに負けてやるよ
物識り自慢大会なら
隣のテーブルでやっとくれ

難しい言葉に首輪をつけて
乙に澄ましているよりも
飼い慣らしたオバカな言葉と
賑やかに酒盛りをしていたい




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。