So-net無料ブログ作成

刹那的発泡詩 < 23 > [ひまつぶ詩]


d_blog197.jpg




「6月16日 土曜日 小雨」


アマリリスの
真紅のラッパが
水の午後を
緩やかに吹き鳴らす

ブルーベリーの
未だ青い八分音符が
水の庭先で
密やかに雨音を歌う

長袖シャツの
襟元を掠めていく
水の吐息に
そよいでしまった孤独を

誤魔化すように
ホットココアをすすり
水の記憶を
温めようとするのだが




d_blog198.jpg




「チカラ」


受け止めるチカラ

受け止めたものを
持ち続けるチカラ
持ち続けたものを
取り込むチカラ
取り込めなかったものを
潔く捨てるチカラ

生み出すチカラ

生み出したものを
疑い続けるチカラ
疑い続けたものを
逃さないチカラ
逃してしまったものを
決して許さないチカラ

そんなチカラしか
欲しくない




d_blog199.jpg




「バタ足」


水飛沫だけは一人前の
まるで推進力がないバタ足で
取り付く島を探し回る毎日

学校の水泳授業を
見学してばかりいたツケが
今頃回ってくるとは思わなかった

後輩の回遊魚達には
軽々と先を越されて
先輩の深海魚連には
さりげなく足を掴まれて
息継ぎのつもりで立ち寄った
小島の偽人魚に溺れる始末
この泳ぎ下手はもはや
致命的なのかもしれない

ドルフィンキック

ゆるぎない上半身に
人好きのする笑顔を固定して
慇懃無礼に揃えた両足を
これ見よがしにくねらせて
しょっぱ過ぎる波の下を
悠々と潜っていくような
そんなドルフィンキックに
恋焦がれた時もあったのだが

バタ足

思うように進めないけれど
ちっとも素敵じゃないけれど
今はバタ足が嫌いではない

なんて

嘘だ

それは諦めだ
それは負け惜しみだ
それは慰めだ
それは自分らしさの
情けないアピールでしかない

毎日が大海原なのだから
不様な水飛沫を笑われようと
不器用な息継ぎを疎まれようと
ジタバタと浮かび続けるしかない

このバタ足が
たとえ幸せでも
たとえ不幸せでも




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。