So-net無料ブログ作成

刹那的発泡詩 < 23 > [ひまつぶ詩]


d_blog197.jpg




「6月16日 土曜日 小雨」


アマリリスの
真紅のラッパが
水の午後を
緩やかに吹き鳴らす

ブルーベリーの
未だ青い八分音符が
水の庭先で
密やかに雨音を歌う

長袖シャツの
襟元を掠めていく
水の吐息に
そよいでしまった孤独を

誤魔化すように
ホットココアをすすり
水の記憶を
温めようとするのだが




d_blog198.jpg




「チカラ」


受け止めるチカラ

受け止めたものを
持ち続けるチカラ
持ち続けたものを
取り込むチカラ
取り込めなかったものを
潔く捨てるチカラ

生み出すチカラ

生み出したものを
疑い続けるチカラ
疑い続けたものを
逃さないチカラ
逃してしまったものを
決して許さないチカラ

そんなチカラしか
欲しくない




d_blog199.jpg




「バタ足」


水飛沫だけは一人前の
まるで推進力がないバタ足で
取り付く島を探し回る毎日

学校の水泳授業を
見学してばかりいたツケが
今頃回ってくるとは思わなかった

後輩の回遊魚達には
軽々と先を越されて
先輩の深海魚連には
さりげなく足を掴まれて
息継ぎのつもりで立ち寄った
小島の偽人魚に溺れる始末
この泳ぎ下手はもはや
致命的なのかもしれない

ドルフィンキック

ゆるぎない上半身に
人好きのする笑顔を固定して
慇懃無礼に揃えた両足を
これ見よがしにくねらせて
しょっぱ過ぎる波の下を
悠々と潜っていくような
そんなドルフィンキックに
恋焦がれた時もあったのだが

バタ足

思うように進めないけれど
ちっとも素敵じゃないけれど
今はバタ足が嫌いではない

なんて

嘘だ

それは諦めだ
それは負け惜しみだ
それは慰めだ
それは自分らしさの
情けないアピールでしかない

毎日が大海原なのだから
不様な水飛沫を笑われようと
不器用な息継ぎを疎まれようと
ジタバタと浮かび続けるしかない

このバタ足が
たとえ幸せでも
たとえ不幸せでも




nice!(0)  コメント(0) 

刹那的発泡詩 < 22 > [ひまつぶ詩]


d_blog194.jpg



「6月3日 日曜日 曇り」


ひんやりと
夏が背を向けた朝を
雀たちが忙しく啄んでいる

うっすらと
雨の匂いを含んだ風を
長袖シャツが仕方なく受け止める

無くしたものなど
何も無いくせに
掴めない虚しさが
胸の何処かを逆撫でして

ヒリヒリと
浅い呼吸を繰り返しても
浮かぶのは背中ばかり

梅雨は近い



d_blog192.jpg



「土星人の君は」


カッシーニの間隙に
指を突っ込んで
ひらひらさせる

エンケの間隙に
好きなものを
順番通り並べる

キーラーの空隙に
細く切り裂いた紙を
ぎっちり詰め込む

タイタン生まれの君は
相変わらず
ケルビン・ヘルムホルツ不安定だ



d_blog193.jpg



「ルフラン」


明けない夜はないが
晴れない朝はある
止まない雨はないが
笑えない昼はある
暮れない一日はないが
つれない人はいる

そして夜
幾つもの夜を耐えて
人は強くなると言うが
ちびちびと毒を喰らって
麻痺していくだけ

そして朝
幾つもの痛みを越えて
朝焼けの中で固めた決意は
ルーティンの波に揉まれて
夕焼けの中でもろもろ崩れる

そして繰り返す
何度でも繰り返す

明けない夜を漕いで
晴れない朝に上陸して
止まない雨を飲んで
笑えない昼に泥酔して
暮れない一日を蹴って
つれない人に辿り着く

そして繰り返す
何度でも繰り返す

朝が咲いて
昼が実をつけて
夕暮れが熟れ落ちたら
二度と明けないような
そんな気がする夜が始まる




nice!(0)  コメント(0) 

ソラマチ! [つぶ焼き]


東京スカイツリーに行ってきた!


と、言っても展望デッキは予約してないし
高い所には興味がないから(決して怖いわけではないw)
ソラマチの人込みにもまれてきただけなのだが。。。


押上駅の階段を上がると
いきなり左手にイーストタワーがそびえていた
が、肝心のスカイツリーが見えない


あたりをキョロキョロしながら
イーストタワー横の階段を上がっていると


見えたっ!


なんというデカさ!


d_blog189.jpg


首を反らして見上げていると
階段から転がり落ちそうになるw


開業してから初めての日曜日とあって
ソラマチは予想通りの大盛況だった。


みやげ物コーナー、ブランド店、TVショップ
ハローキティ、リラックマ、トトロ、フードコート
少し前に東京駅の新しい地下街に行ったのだが
だいたい同じラインナップだ


でも、「江戸」を意識した和物の店がちらほらあったり
墨田区の企業や伝統工芸のコーナーがあったり
ソラカラちゃんにも遭遇したりして
少しは楽しんでやった(なぜに上から目線w)


途中「祇園辻利」で小休止
「つじりツリーソフト三色」を食す


d_blog190.jpg


抹茶、ほうじ茶、玄米茶のソフトクリームに
小豆、白玉、和菓子などがトッピングされている
美味しい上にスカイツリー型のスプーン(持ち帰り可)
もついているという気の効かせようw


いろんな意味でお腹いっぱいになって
さあ、そろそろ帰ろうかという雰囲気の中
「ライトアップまでいるから」
という偽魔女のひとことで空気はなんとなく険悪にw
ライトアップは確か午後7時。。。
って、まだ5時にもなってないじゃないかっ!


それから先の記憶は定かではないw
ソラマチじゅうをいったりきたり上ったり下りたりして
足をこん棒にしながら時間をつぶしたような気がする


最終的にたどり着いたスタバで疲れと怒りは頂点に
隣の席のイチャついたカップルを粉砕しようと
拳を振り上げるついでに腕時計を見たら
午後7時10分前!だったw


そそくさとジブリショップの前の撮影班に加わり
携帯を構える


点灯は午後7時5分だった
スカイツリーのてっぺんが一瞬閃くと
青い光がじんわりと降りてきた


d_blog191.jpg


「雅」だ!
思ったより上品で美しい


これで5時間半の苦行が報われた
と、思うと不覚にも涙が込み上げた
わけではないがw


たぶん、また来ることになるだろう
その時は違った苦行が待っているw


とりあえず、お疲れ様(合掌w)




nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。