So-net無料ブログ作成

今週のスイーツ (仮) 7 [つぶ焼き]


月並みに
人並みに
メリークリスマス!


今年は
成城アルプスさんのクリスマスケーキ!


d_blog91.jpg


見た目はとても地味
っていうか
クリスマスケーキに見えないんだけど
これがなかなかの美味


ケーキの上には大胆にも
洋梨のコンポートがまるまる1個
スポンジの中身は
まろやかなチョコレートムースで
洋梨との相性もとても良かった


ここ10年のクリスマスケーキの中では
3本の指に入るかなあ?


幸せなイヴでした(笑)




nice!(0)  コメント(0) 

仏説阿弥陀経 [つぶ焼き]


母親の七回忌だった


晩秋と呼ぶにはあまりにも暖かい
穏やかな晴天の休日


お寺の鐘楼の横には
枝もたわわに実ったかりんの実


d_blog90.jpg


お寺の方に聞くと
今年は猛暑の影響もあってか
実の数が例年に比べて多いらしい


こんなところにも猛暑の置土産が。。。
と思いつつ一番大きな実に触れてみると
表面が思ったよりすべすべしていて
なんとなく和んでしまったw


ところで肝心の七回忌法要なのだが
このお寺にお世話になって以来
初めて経本を渡されて戸惑った


ご住職の読経に合わせて
経本の文字を追うのだが
集中しないとすぐに置いていかれてしまう


念仏のところでようやく追いついたのだが
経本の念仏のそれぞれの文字に
なにやら記号のようなものが書いてある


ご住職の声を聞きながら確認したのだが
文字の横にある縦線は音の高低
横線は音の長さと強弱を表しているようだ


線は単純な直線ばかりではなく
微妙な音程の上げ下げは曲線になっていたり
弧を描くように下がる矢印まであった


小さい頃からウチのお寺のお経は
歌ってるみたいだなと思っていたのだが
これはまさにお経の音符なのだ


ご住職の読経の声は
極めて正確に音符をなぞりながら
本堂に心地良く響き渡っていた


そんなこともあって
いつもは手持無沙汰な読経の時間が
今日はあっという間に過ぎ去った


これもひとつの作戦だな
と思ってしまう自分は
相変わらず罰当たりな門徒だ(笑)



nice!(0)  コメント(0) 

今週のスイーツ (仮) 6 [つぶ焼き]


d_blog88.jpg


今週のスイーツは
ピエール・マルコリーニさんの
エクレア(チョコレート)


伊勢丹新宿店に常設の売場ができたので
さりげなく横を通り過ぎるふりをして
チラチラのぞいてはいたのだが(笑)


メインのチョコレート以外は
ケーキ2種類 エクレア1種類 という
なんとも格調高い(強気な)ディスプレイに
多少ビビりながらもついに購入してしまった


商品を包装している間に出された
ビターチョコの試食があまりに美味しくて
試食だけでこっそり帰っても と思ったり(笑)


さてさて このエクレアだが
わりとしっかりしたシューの中に
とてもまろやかなチョコクリームが入っている
そして その上には


少しビターなパリパリのチョコレート!
正式には「カカオニブ入りヌガティーヌ」というらしいが
さすがショコラティエのチョコレートだけあって
コクと口当たりが断然良い


ただ唯一の欠点はとても食べ難いこと


途中からシチメンドウクサくなって
シューとチョコを別々に食べてしまう輩がいることを
イケメンのピエール・マルコリーニ氏は
おそらく想定してはいないだろう(笑)




nice!(0)  コメント(0) 

TRICK OR TREAT ! [つぶ焼き]


我が家の内と外に
オレンジ色が目立ち始めると
秋のど真ん中にいることを実感する


d_blog83.jpg


10月はハロウィンの月


とにかくこの時期は
家じゅうのいたるところで
笑うカボチャに遭遇してしまうのだが
今年は少しだけ雰囲気が違うような。。。


と思っていたら
どうやらモロゾフさんの「ジャック・オ・ランタン」に
グリーンとピンクのヴァージョンがあったのだ


d_blog84.jpg


さしずめ「顔色の悪いカボチャ」と
「変に上気したカボチャ」って感じだがw
まあ、目先が変わってこれも良いのかなあ
などと思った(本当はどうでも良いのだがw)


ところで


先日発見したカツオ君の子分猫だが
なんと、商店街のメインストリートを越えて
我が家の庭にやって来たのだ!


d_blog85.jpg


相変わらず懐く気配はまったくないし
野良みたいな間合いの取り方をしているが
遠征先にウチの庭を選んでくれたことが
なんとなく嬉しい


そういえばここ数日家の周りで
猫のなわばり争いが繰り広げられているが
彼(性別は未確認だが)の出現と
なんらかの関係があるのだろうか?


そのあたりの事情は偽魔女(同居人A)が
キャットフードを隠し持ちつつ
ただいま調査中である(笑)




nice!(0)  コメント(2) 

今週のスイーツ (仮) 5 [つぶ焼き]


最近
日記が菓子と猫ばかりになってしまった感は
否めませんが


それでも
敢えて書かせていただきます!(笑)


d_blog81.jpg


今週のスイーツは
L'OLIOLI 365 by Anniversary さんの
「プリンセスカップケーキ」
可憐で懐かしい絵本の世界が楽しめました
(と言ってもオラぁ男だからよく分からんがw)


左上は「しらゆきひめ」
アラザンを散りばめた白いクリームの
ドレスの上にシュガーのリンゴがひとつ
中身は苺のショートケーキ


右上は「にんぎょひめ」
白と水色のクリームの波間から
ピンクのシュガーの尻尾がのぞいている
中身はブルーベリームース


左下は「おやゆびひめ」
パレチョコのチューリップの花弁の中で
シュガーの白い蝶が羽を休めている
中身はチーズケーキ


右下は「あかずきん」
おそらくベリー系のムースでは?
うちのオオカミに食われてしまって
中身は → 不明だそうです(笑)


この他に
クッキーのお菓子の家をあしらった
「ヘンゼルとグレーテル」があったのですが
予算&カロリーオーバーで泣く泣く断念しましたw


ところで
話はニャンとも変わるのですが
以前からストーカーしているご近所猫カツオ君の
子分らしき猫を発見しました!


d_blog82.jpg


決め手は首の下についているでっかい名札
裏返っていて名前は確認できなかったのですが
カツオ君の名札とよく似ているような。。。
真偽についてはただいま調査中ですw




nice!(1)  コメント(2) 

金平糖 [つぶ焼き]


Wikiによると
金平糖の語源はポルトガル語のコンフェイト (confeito)
金平というオッサンが思いついたものではない(笑)
1550年頃にカステラ等とともに伝えられたらしい


d_blog79.jpg


先日 知人からいただいた金平糖は
飛騨高山の菓子匠音羽屋さんのもの
目を引くような華やかさや可憐さはないけれど
優しい色合いと味わいが心を和ませてくれた


なんと言ってもガラス瓶が良い!
文字の並びも「糖平金」だしねw
中身を取り出すのにチョット苦労したけど
そのもどかしさも楽しみのうちかもしれないw


ところで
飼い主に良く似ているというか
包装紙を破く音や栓を開ける音に超敏感なのが
正吉っつぁん!


素早くテーブルに駆け上がり
丹念に匂いを嗅ぎ 肉球で感触を確かめて
いつもの品質検査をひととおり終えると
ちょっと不満な様子でその場に居座るw


d_blog80.jpg


「おまえら こんなもん 食うのか?」


どうでもいいけど
写真を撮るんだからどいてくれないかなあw



nice!(0)  コメント(2) 

今週のスイーツ(仮)4 [つぶ焼き]


幼い頃からあんずは好きだった。
好きなもののベスト20には常に入っていた
(なぜにベスト20?w)


そのあんずが
同じベスト20圏内のあんみつと合体すると
一気にベスト10を脅かす一品になってしまうw


d_blog77.jpg


デパ地下で
みはしさんの「あんずあんみつ」を買った
テイクアウト用の味気ない容器から
nonya作 多目的お洒落小鉢に移すと
なんとまあ このシズル感!ww


でも ほんの少し残念なのが
肝心のあんずが干しあんずであること
やっぱりシロップ煮じゃないとね


いつかは
みはし本店さん(上野広小路)にお邪魔して
本物の「あんずあんみつ」を楽しみたいものである


ついでに


d_blog78.jpg


残暑見舞いとして
グラマシーニューヨークさんのパフェの写真をw


特に桃のパフェは見た目も涼しげで
なかなかの美味だった



nice!(0)  コメント(0) 

猫の町 [つぶ焼き]


猫の町へ向かう前に根津駅で下車して
9月26日に閉館する「立原道造記念館」
に立ち寄る


5年前にも一度訪れているのだが
たとえ展示品は変わっても
ここには相変わらず爽やかで芳しい空気が
漂っているような気がした


今回面白かったのは
遺品の中にあった3000枚以上の東京市電切符!
立原道造tって鉄オタ? などと
思わずつぶやいてしまった(笑)


d_blog73.jpg


帰りがけ受付の方と閉館を惜しみつつ
「ヒヤシンスハウス」と「散歩詩集」
の絵ハガキを購入した


そして、いよいよ猫の町へ
千駄木駅で降りて目指すは谷中銀座


さっそくお店の屋根の上で
白猫が出迎えてくれた
が、この猫

微動だにしないけど


d_blog74.jpg


これは
東京芸術大学の院生さん達が製作した木彫り猫で
商店街のあちらこちらに7匹設置されている
街づくりにも学生さん達のアイデアが取り入れられたようで
猫をコンセプトにした「楽しい商店街」として賑わっている


そんなところであたりを見回すと
至る所に、猫の看板、猫のポスター、招き猫
猫の尻尾ドーナツ、猫雑貨専門店などなど
豆腐屋さんの店先でも2匹の木彫り猫が
愛想をふりまいていた


d_blog75.jpg


ところで
猫の町なのにナマの猫を見かけないのはどうしてだろう?
夕方にはたくさんの猫達が集うという「夕やけだんだん」にも
暑さのせいなのか、真っ昼間のせいなのか
猫の子一匹歩いていない


d_blog76.jpg


それでも猫好きにとっては
たまらない肉球印スポットには違いない!
せっかく来たのだからと
肉のスズキさんで「元気メンチカツ」と「トロトロ焼豚」
仲間由紀恵もオミヤにしたというマミーズさんで
アップルパイ(中)を買って帰宅の途についた


ちなみに「トロトロ焼豚」は絶品で
スーパーで買ったフツーの醤油ラーメンが
行列店の味になった(笑)




nice!(0)  コメント(4) 

夏の日の正吉 [つぶ焼き]


ん?
探してやがる


そんな猫撫で声で
「正吉ちゃーん」なんて呼んだって
知らねーよ


だいたい
このクソ暑いのに
寝室のクーラー切っちまうから
いけねえんだ


それにしても
今年の暑さは半端じゃねえなあ
風呂場のタイルの上も
ちっとも涼しかない


d_blog71.jpg


っと
見つかっちまったか


「何処行ったのかと思った」って
別に俺は逃げも隠れもしてねえが
素直に謝るっていうのなら
許してやらねえこともねえよ


d_blog72.jpg


っつうことでいつもの定位置に
やっと落ち着けたってわけだ
やっぱりクーラーの吹出口の真下は


極楽♪ 極楽♪


nice!(0)  コメント(2) 

ラッキーの大盤振舞 [つぶ焼き]


d_blog70.jpg


写真は
見慣れたヱビスの缶ビール


なのだが


よーく見ると右側の恵比寿様の魚籠にだけ
鯛が入っている


これは


もしかしたら


瓶ビールだと数百本に1本しか
お目にかかれないと言われる
とっても希少な「ラッキーヱビス」ではないか!
などと大騒ぎしてはいけない


今なら近くのコンビニでいくらでも買える
ヱビスビール120周年記念の
「商売繁盛!ラッキーヱビス缶」である


120年前というと1890年(明治23年)
関東大震災や第二次世界大戦を乗り越えて
麦芽100%の濃厚な味わいを守り続けてきた
頑固一徹なビールがヱビスビールだ
(サッポロビールの広報っぽいがw)


ビールの名前が「恵比寿」という
駅名や地名になったのは有名な話だが
それだけ日本人の心とノドに深く関わってきた
ビールなんだろうなあ


そんなビールだからやはり和食に合う
特に寿司には絶対ヱビス!
活きのいいヒカリモノを食いながら
キンキンに冷えたヱビスをグイっと!


ああ


誰か誘え!(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。