So-net無料ブログ作成

刹那的発泡詩 < 17 > [ひまつぶ詩]


「薄情者」


対岸で火事があったことは
時々想い出す程度
火傷をしたはずの喉元は
もうとっくに癒えている
僕達は
生まれついての薄情者

涙はよく流すのだが
流れ着く場所を見届けたことがない
言葉は柔らかいのだが
不幸をひとつ包んだだけで破けてしまう
僕達は
生まれついての薄情者

彼等のことはもう語るな
彼等のことはもう書くな
彼等のことはもう唄うな
薄情者としての自覚がないのなら

見てくれだけが立派な
善意の切れっぱしを
これ見よがしに手渡しただけで
満足してはいけない
僕達は
生まれついての薄情者なのだから




**********




「すくらっぷ」


浜の方で
人だかりがしていた
私の中の
安っぽい野次馬根性は
職人風の男の耳に
世俗的な挨拶のごとき
質問を投げ込んだ

おぅ
なんでも
ノオトブック岬の方で
常套句の惨殺死体が
見つかったんだとよ

髪を逆立て
私は逃げるように
その場から立ち去った



どんなに優しくしたつもりでも
どんなに親切にしたつもりでも
たった一本の毒針で
知らず知らずに他人の
心を突き刺していることがある

彼は三本の毒針を持っていた
その一本で友人の心を刺し
もう一本で恋人の心を毒し
最後の一本で自分の胸を貫いたが
死にきれなかった

毒針をなくした彼は
従順な家畜になった



プ ・ ク ・ リ
一滴の涙を搾り出すのに
まる一日を費やした

青空を
口いっぱいに頬張った
窓枠のかたわらで
僕は一億のスズメバチを
顔じゅうに貼り付けたまま
時計の針をかじっていた
一日じゅう!

その快感は
熟れきったトマトの皮を
食い破る瞬間の
背筋を染める寒さに
似ていた



忘れかけていた
幼い頃の膝小僧の痛み
私はずいぶん泣き虫であり
それ以上に嘘つきだった

DEKU
DEKU
DEKU

暗い屋根裏部屋で
片っ方の足を
ネズミにかじられたまま
永遠の薄笑いを
カビのように
口元に繁殖させている
木偶人形

似ている



nice!(0)  コメント(0) 

刹那的発泡詩 < 16 > [ひまつぶ詩]


「彼岸」


薄曇りの中日

線香の煙に
少し咽ながら
不浄の掌を
こっそりと合わせた

温んだ寂しさと
刺の抜けた後悔を
浮かべた空は
のっそりと凪いで

今年も
向こう岸の事を
ぼんやりと想った




**********




「妄想せよ!」


言葉は他人の哀しみを
拭い去ることは出来ない
言葉は他人の喜びに
追いつくことはできない

他人の役に立とうと
他人に優しくしようと
力んで発した言葉ほど
役に立たないものだけど

役に立たない言葉を使って
表現を試みることは
自分の哀しみや喜びの
滋養になり道標になる

妄想せよ!
愛しさを込めて




**********




「ZOO」


会社は生き物だ
家庭は生き物だ
社会は動物園だ
国は姿の見えない園長だ

紙幣を丹念に数える音と
芳ばしい欲の匂いしかしない
動物園の
檻の中の
君と僕は

哺乳類の
抜けかかった下毛か
爬虫類の
左後ろ足の爪の垢だよ




**********




「お世辞」


お世辞を言うのは
下手ではない
お世辞を言われるのが
下手なのだ

流れ落ちるほど
ユルユルに頬を緩ませて
頭の上に八分音符を
乗せてりゃいいものを

野暮な指でお世辞の裾を
めくってみたくなる
真っ赤な嘘の裏地を
嗤ってやりたくなる




nice!(0)  コメント(0) 

刹那的発泡詩 < 15 > [ひまつぶ詩]


「みずやり」


やさしさは
むつかしい
そそぎすぎると
やさしくなく
なってしまう

たまには
ほっとくのも
いいのかな




**********




「TAO」


TAOはひとつ
どんなに枝分かれしても
たとえ選ばなかったとしても
いづれは交わる

TAOはひとつ
どんな名前で呼ばれようと
たとえ記号化されていようと
どれも正しくない

TAOはひとつ
どんなに平坦で退屈でも
たとえ険しさに泣きじゃくっても
誰も後戻りできない

TAOはひとつ
歩くために道はあるのか
道のために歩いているのか
思い至る岸辺はない




**********




「半永久機関」


放っておけば
そのうち止まってしまう
半永久機関を
あてがわれて

放ってもおけず
ただじっと見守るだけの
木偶の坊は
あきもせず

詰られようが
嗤われようが
ひたすら
永い黄昏を生き続ける

背中に植え込まれた宿命を
済し崩しにするために




**********




「詩っ!」


どうして見えないのか!

早咲きの桜の下に
噴水の飛沫の先に

賑やかに降り積もっているのは
詩ではないのか?

どうして拾わないのか!

膨らみ続ける蕾の上で
ベンチで踊る光の端で

喧しいほど折り重なっているのは
詩ではないのか?

さっさと持って帰って
キーボードの上にそっと乗せよう

決して書いてはいけない
読むなんて以ての外だ

静かに
静かに
指先で詩を押し込んだら

ほら
液晶画面がすっかり春だ!




nice!(0)  コメント(0) 

刹那的発泡詩 < 14 > [ひまつぶ詩]


「レリーフマップ」


均して
まっ平らにするよりも
凸凹のまま
自分を保とう

喜怒哀楽の
起伏の上に
邪な雨雲を
呼ばない限り

太陽は健やかに昇り
安らかに沈むはずだから




**********




「道」


最初の丁字路を
「いいえ」に曲がって

次の十字路を
「普通」に直進して

次の五叉路を
「どちらかというと好き」に折れて

次の六又で
「165~170」を選んだ先の

ヘアピンカーブを曲がり損ねて
獣道を転がり落ちたら

そこは
見慣れた出発点だった





**********




「くしゃみ」


せせらぐ窓辺
はなやぐカーテン
まどろむ会話
ほころぶ眼差し

シャーベットカラーの光が
鼻をくすぐって
くしゃみが出る度に
季節がめくれ上がる




**********




「うそからでたまこと」


嘘+嘘=平凡
嘘×嘘=甘美
嘘ー嘘=退屈
嘘÷嘘=人生

実+実=陳腐
実×実=狂気
実-実=孤独
実÷実=人生

嘘+実=憂鬱
嘘×実=恋愛
嘘-実=野暮
嘘÷実=人生

嘘から飛び出て行った実は
こっそり嘘に帰ってくる




nice!(0)  コメント(0) 

今週のスイーツ (仮) 10 [つぶ焼き]


久々の今週のスイーツ!
と言ってもちょっと前に新宿伊勢丹のマ・パティスリーで
購入したものなのだが。。。


山下晴三郎商店さん(麻布十番)の「東京えんとつ」は
ユニークな形のカップシフォン


d_blog151.jpg


添加物、着色料、保存料を一切使用せず
鳥取大山の牛乳や日本古来の和菓子用砂糖など
国産の素材にこだわった一品らしいが


一番の特徴は奇跡的な柔らかさのシフォンと
えんとつに詰まっている生クリームとカスタードクリームの
絶妙なバランス!(持ち帰りには細心の注意が必要だがw)


購入したのは大納言いちごと無花果と栗金時だが
この他にも青ゆずこしあん、くろまめきなこ、完熟マンゴーなど
季節ごとに様々なバリエーションがあるらしい


これはぜひとも麻布十番に行かねばと思いつつ
サイトをチェックしたら。。。なんと
「11月12日を持ちまして当ビル取り壊しの為
閉店をさせていただきます」。。。。って、マジかよっ!


でも、よーく見たら
「来年5月開店致します東京スカイツリー直営店舗にて
お買い求め頂けます」。。。ということだそうだw
これは新しい東京名物になりそうな予感


なのだが。。。
持ち帰り形態をもう少し工夫していただきたいなあ




nice!(0)  コメント(0) 

刹那的発泡詩 < 13 > [ひまつぶ詩]


「うすっぺら」


モノとコトとヒトには
表面もあれば裏面も側面もある
それなのに思考回路は
A4サイズからはみださないように
二次元をのたくるだけだから

いつまで経っても
嫌いは好きにならず
苦手は得意にならず
無関心は無関心のままだ





**********





「老い」


階を上がるほど
螺旋階段はなだらかになる
くるくると同じ風景を
何度も巡りながら
やがて
その風景に取り込まれて
身動き出来なくなる

他人事ではない
誰にもそんな日が来る





**********





「飛びます。飛びます。」


足を引っ張る奴がいる

懸命の羽ばたきを
嘲笑う奴がいる

陳腐なぬかるみに
引き戻そうとする奴がいる

そんな言葉じゃ飛べないと
分別顔で諭す奴がいる

いいから
踏み切らせてくれ

いいから
羽ばたかせてくれ

揚力も浮力も
持ち合わせていないのは
最初から分かっているよ

せめて
臭いぬかるみに
真っ逆さまに落ちてから

脳味噌が左に偏った
デカ頭を揺すりながら
思いっ切り笑えばいい





**********





「嘘っぱち」


猫を撫でながら
優しい詩は書かない
軍鶏鍋を食いながら
美味しい詩は書かない
返信を待ちながら
淋しい詩は書かない
マニュアルを眺めながら
愚かしい詩は書かない
鼻で唄いながら
楽しい詩は書かない
キーを叩きのめしながら
痛々しい詩は書かない
冷めたコーヒーを啜りながら
哀しい詩は書かない

書くのは
マネキンの体温だ

書くのは
造花の花束だ

書くのは
可憐なペテンだ

書くのは
リアルな嘘っぱちだ




nice!(0)  コメント(0) 

刹那的発泡詩 < 12 > [ひまつぶ詩]


「水」


水から生まれ
水に育まれ
水と戯れる

水に焦がれ
水に溺れ
水に流す

水を恐れ
水を恨み
水を疑う

水を想い
水を懐かしみ
水に従い

やがて

水に還る





**********





「ゴロゴロ」


土曜日のお昼ゴロ
テレビの前でゴロゴロ

珍しくないから
昆虫図鑑にも載せてもらえず
面白くないから
観察日記にも書いてもらえず

疲れやすいお年ゴロ
リモコン片手にゴロゴロ

意気地がないから
ジゴロにもゴロツキにもなれず
葉っぱが嫌いだから
いっぱしの害虫にもなれず

いもむしゴロゴロ

さなぎのように
柔らかな緊張感も保てず
蝶なのか蛾なのか
背中のロゴすら確かめられず

休日の口当たりの良い時間を
ジリジリと食い尽す
自堕落の心地良い傾斜を
ゴロゴロゴロゴロ
転がり続ける





**********





「ぶきっちょなてのひら」


てのひらは
ものを掬うには
向いていない

片っ端から掴んだものも
後生大事に握り締めたものも
指の隙間からするする零れ落ちて
情けないしわしわしか残らない

てのひらは
ものを掬うには
向いていない

それでも
救うことはできるかもしれないと
手を差し伸べたのだけれど
奈落の途中にぶら下がっている
君を救うには
指の長さがちょっとだけ足りなかった

やっぱり
ぶきっちょな
てのひら





**********





「傘は必ず携帯すべし」


自分が本当の夏なのか
確信がもてないまま
今年の夏は迷走する

稲妻のような癇癪を起したり
駄々っ子のようにいきなり号泣したり
暑苦しい溜息をついていたと思えば
こそこそと台風の陰に隠れたり

子供と異常気象の扱いに
まったく慣れていない
とてもデジタルな気象予報士は
玉虫色の今日のお天気と
場当たり的な週間予報を
繰り返すしかなかった

だから
たとえ君が濡れネズミになっても
決して誰かを恨んじゃいけない




nice!(0)  コメント(0) 

刹那的発泡詩 < 11 > [ひまつぶ詩]



「透明」


クリーンなエネルギー
煙も吐かない
音も出さない

透明なエネルギー
働く人も
動く機械も
蠢く魂胆も
何も見えない

危ない!

いきなり言われて
振り返っても
そこには
見慣れた風景があるだけ

何も見えない

ただ自分の中で
不安が降り積もっていく
音だけが

聞こえる





**********





「鏡」


胸の
薄暗がりの
階の途中にある鏡は
たいてい歪んでいて
体裁の良い自分と
都合の良い他人しか
映さない

もし
詩人と名乗りたいなら
そんなもの叩き割っちまいな

砕け散った鏡の破片に
粉々の世界が映るから
飛び散った世界の数だけ
物語が拾えるから

間違って破片を踏んづけて
どす黒い血を流しても
その血で叫びを
綴ることだってできる





**********





「坂」


のぼり坂をくだり
くだり坂をのぼる
そんな生活を
数十年続けた挙句
僕はのぼり坂とくだり坂の
区別がつかなくなった

父はきっちりと
のぼり坂をのぼりつめて
入道雲になった

坂の途中で
苦い汗を拭いながら僕は
今年も呆けたように
盛り上がる父を眺めていた





**********





「バグ」


絶え間なく
すり抜けていって
くれるはずの
時間の粒子が
水垢みたいに
記憶の網目に
こびりついて
離れない時がある
意識の水底から
そいつは時々
気泡となって
ちょうどカップ麺に
湯を注いでいる
ような時に突然
鼻先で弾けるような
場合もあるので
心身ともに
火傷することを
覚悟しておいたほうが
良いかもしれない



nice!(0)  コメント(0) 

刹那的発泡詩 < 10 > [ひまつぶ詩]


「汚染」


太平洋高気圧に
焼き焦がされて
すっかりウェルダンになった
肉塊からは
言葉の毒すらも
検出されないのに





**********





「節電」


エアコンの温度設定を
一度上げるだけで非国民

欲しがりません勝つまでは!

って、勝てるわけないでしょ
肝心のメンバーは熱中症で
没収試合寸前なんだから





**********





「風評被害」


何処に立っていても
不安定だから
ちょっとした風にも
揺らいでしまう

75日経てば
風は止むのだろうが
一番風上に置かれた人の
痛みは消えない





**********





「混沌」


このひょっこりひょうたん島の
行き先を気にする者は誰もいなかった
博士も金持ちも土建屋もペテン師も
みんな揃っているというのに

確かに王様は裸だ

でも裸だってことは
ちゃんと自覚しているんだから
誰かがパンツをはかせてやればよかろうに




nice!(0)  コメント(0) 

刹那的発泡詩 < 9 > [ひまつぶ詩]


「五月 A」


長袖のシャツを
まくり上げながら
眉を開いて
見上げる若葉を

すり抜けた
幼い夏が
さらさらと
降り注ぐ五月





**********





「五月 B」


光と風の音楽隊の
ゆるやかな旋律が
コンクリートの迷路に
色の音符を落としていく


緑はさざめき
花はときめき
道はほくそえみ
人の睫毛はほほえむ





**********





「ガシャポン」


西瓜のカクテルを
飲み干したら
肋骨を奏でながら
伝い落ちた夏が
ポロリと
ヘソの穴から
転がり落ちた

背中を吹き抜けたのは
微発泡の風





**********





「薄荷」


カタカナのハッカは
忘れかけた想い出
漢字の薄荷は
忘れられない痛み

ときどき発火する過去の
やるせない焦げ痕が
スースーするけれど
大人のふりして苦笑い



nice!(1)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。